主役は人間ではなく猫!英語のことわざに「cat have nine lives(猫に九生あり)」というのがあるのだが、実際に猫には「普通の猫」と「九生をもつ猫」いて、実は人間の社会の隣には九生猫だけがいける別の世界があり、九生猫たちは人型になって生活をしているというのがこのマンガの世界。九生猫は命の数に応じて数の入った名前を神様に与えられており、死んだ場合は名前を「更新」しなければならない。更新せずに古い名前のまま生活していると化け猫になってしまうのだ。

とはいっても名前が変わると不都合が生じる場合もあるので「更新」を渋る猫も当然いるわけで、あちこちにある「九生猫社会」のそれぞれのエリアのボスたちは治安維持のために「取立て屋」を使い速やかな更新を推奨している。

これまで一度も死んだことのない凄腕の取立て屋だった「九曜」はある日、人間社会で車に轢かれかけていた九生猫「三雲」を助けて自分が死んでしまい「八潮」になった。すると後日「ひとめぼれしました!恩返しします!」と三雲が八潮のいる九生猫社会のエリアに現れ・・・不思議でリアルな九生猫の世界で、いろいろな理由で名前の更新を渋る猫たちと取立て屋の追いかけっこを描きつつ、三雲と八潮の恋のおいかけっこが繰り広げられる実に楽しいマンガ。常に仏頂面で眉間に皺が標準装備の八潮が次第にデレていく様にぐっとくるものがあるのでツンデレ好きな方にはぜひ読んでいただきたい。おすすめ⇒姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾